心理カウンセリングを保険適用にしない方が良い理由

  • 2020.09.14 Monday
  • 13:55

心理カウンセリングは保険適用にすべきではない、と前回の記事で述べました

 

え〜保険きかないの?と思われる方も多いと思います

カウンセリングを医療行為として捉えられていることが多いようです

 

カウンセリングは医療行為ではありません

我々は「治す」という考え方をしませんし、

カウンセリングにやって来る人を「患者」ではなく「クライエント」と呼びます

 

医療では、患者は受身的です

「頭が痛いんです」「眠れなくて困っています」と言って受診すれば

あとは医師が必要な処方や処置を行ってくれます

 

もしカウンセリングが保険適用になったら、

クライエントは「さあ治してくれ」と受身的になります

そして改善が見られないと「何で治せないんだ」とこちらの責任にしてしまいます

自分の問題を自分で考えず、心理士に丸投げしてしまう心的機制が働きます

そうすると、クライエントが自らの力でたくましく生きていけるように支援するという

カウンセリング本来の目的から大きく逸脱するどころか

かえって逆効果になります

 

利用しやすさでいったら保険適用の方が良いのでしょうが

本来あったはずの「改善したい」というクライエントの主体性まで台無しにしてしまう危険性から

私は保険適用にすべきではないと考えます

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM